大垣市で瓦屋根の調査を行いました。漆喰が剥がれ落ちていました。確認


DSCN2493-1-columns1-overlay
大垣市にお住いのお客様より以前室内のリフォームは行いましたが、屋根の状態も心配になり一度見てほしいというご相談をいただきました。

本日調査する屋根は瓦屋根です。

実際瓦屋根に上がり見ていきたいと思います。
屋根漆喰調査
まず、上から見ていきたいと思います。写真を見ても特に問題はなさそうに見えますが、
少し目線を下げていきますと屋根の状態が見えてきます。
どうしても同じ目線ばかりでみても状態が分かりにくいこともあります。
屋根漆喰調査
瓦屋根には、瓦と瓦の隙間を埋める白いセメントのようなものがあります。
ここが剥がれてくると、屋根の隙間から雨水やゴミなどが入り込まないように詰めてあります。
その漆喰が崩れてしまうとそこから雨水が入り込み、雨漏りの原因にもなります。

屋根漆喰調査
この漆喰も経年劣化で年数が経つにつれ状態は悪くなっていきます。
こちらのお宅もひび割れや剥がれなどを起こしていたりと状態は良いとは言えませんでした。
屋根漆喰の補修方法としましては、古い漆喰を一度全て撤去していきます。そうすると葺き土が出てきますのでそれは、
残したままにしておきます。
綺麗に取り除いたら漆喰を塗り込みます、ここで気を付けてほしいのが雨が漆喰に当たらないように考慮して
漆喰の量を調節します。
後は専用のコテで綺麗に抑えて乾いたら完成です。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

漆喰調査

大垣市にお住いのお客様より「屋根の三日月漆喰が剥がれて土が流れています。雨漏りが心配です」とのご相談を頂きました。早速屋根漆喰の調査に伺いました。屋根の漆喰の塊がころがっていました。常に雨風にさらされていますので剥がれてしまいます。。屋根の...........

漆喰工事写真

岐阜市にお住まいのお客様より、築35年で一度も屋根の点検をしたことがなく、『屋根の点検をして欲しい』と依頼を受けて早速見させていただきました古くから使われている、日本伝統の瓦屋根は、他の屋根材に比べて耐久性が良く、約40年~50年以上寿命が...........