オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根の縦葺きと横葺きの違いとは何だろう?①


005926.smpl_.png-1

屋根の外観がストライプ(縦じま)に見えるものが「縦葺き」、ボーダー(横じま)に見えるものが「横葺き」です。
デザイン以外に機能面でもそれぞれに特徴があります。



『縦葺き』

「縦葺き」とは、冒頭に「ストライプ(縦じま)」とたとえたとおり、雨が流れる方向に屋根材を葺いた屋根の形状です。

屋根材同士のつなぎ目が、屋根の頂上部分に当たる“棟”から先端部分の“軒先”に向かって降りています。

地域や屋根材メーカーなどによって「立平葺き」「縦平」「縦ハゼ葺き」「竪ハゼ」などと呼ばれることもありますよ。


縦葺きの特徴は?

縦葺きのデザイン面の特徴は、そのまっすぐに伸びた縦のラインの美しさ。

シンプルな印象に仕上がることから、シンプルモダン系の住宅との相性がよく、

外壁とマッチしたシャープな外観が実現します。

また、機能面では屋根材同士のつなぎ目が縦方向に伸びており、

棟から軒先までの間に障害となるものがありません。

雨が降っても屋根の上に溜まらずにスムーズに流れ、雨漏りがしにくくなる為、

その特性を活かして緩い勾配の屋根を設計することができるのです。



屋根についてのお問い合わせは街の屋根やさん岐阜店にお気軽にお問い合わせください。



信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岐阜店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-003-205