オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

美しい外観を演出してくれるドーマーってどんなものだろう


ドーマー
ドーマーとは?
ドーマーとは、屋根から突き出した小さな三角屋根や片流れ屋根のことです。
主に屋根裏や室内への採光・通気を目的として付けられています。
最近では、その外観を上手に活用してヨーロッパ調のデザインパーツとして付けることもあるようです。

ちなみにドーマーとは、英語の❝dormer❞で、その和訳は「屋根窓」です。


ドーマーの機能
①採光量が多くなる
 屋根中央部に窓があるわけですから、その窓から太陽光が射し込み、部屋に大量の採光量を確保することができるのです。

②通気が良くなる
 屋根中央部に窓があるのでその窓を開ければ、自然な風が入り込み、部屋の通気も確保できます。

③外観を向上する
 何といっても西洋風のおしゃれな雰囲気!これに尽きます。
 また、屋根の上に小さな屋根を付けるので屋根の外観はボリュームが増し、重厚感も出てきます。


ドーマーのデメリットはあるの?
・雨漏りの危険度がアップ
 雨漏りがないように雨仕舞はしっかりとされているのですが、屋根面が複雑かつ継ぎ目が多くなるため
 どうしても雨漏りの確率はアップしてしまいます。

・掃除・手入れに手間が掛かる
 掃除や手入れの際、ドーマーの場合、屋根の外側に登る必要があり、
 室内側も長い梯子を掛けて上らないと掃除や手入れはできません。

・部屋が暑くなる
 ドーマー部分には断熱材等もなく、部屋には常に日差しが差し込みます。
 特に夏場は部屋の温度が必要以上に高くなる、暑くなる傾向にあります。


屋根についてのお問い合わせは街の屋根やさん岐阜店にお気軽にお問い合わせください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岐阜店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-003-205