オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

チョーキング現象ってなに?塗装のシグナル!?


チョーキング
チョーキング現象とは何!?


建物を触った時に白い粉がついたら、それは劣化現象のひとつです。
チョーキング現象は「白亜化現象」とも呼ばれ、外壁を指で触った時に白い粉がつくことを言います。

白い粉の正体は、雨や紫外線によって塗料の中の合成樹脂が分解され、顔料が粉状になって塗装表面に現れてたものです。
外壁塗装は建物の美観に関わるだけでなく、紫外線や雨風から建物を保護する役割も果たします。

外壁は一度塗装すればずっと持続するわけでなく、年月とともにダメージを受けてさまざまな劣化現象が起こる為、
塗装面の塗り替えが必要になるのです。



外壁のチョーキング現象は放置すると危険!

チョーキング現象は塗膜劣化が起きている状態の為、環境から家を守る役割が弱まっていることになります。
耐久性や防水性など本来の性能が低下していることから、雨水が侵入してコケやカビが発生したり、
ひび割れが起きたりする可能性も否めません。

チョーキング現象は自然に治まる事はなく、放置するとどんどん劣化が進んでいきます。
激しい劣化を避けるためにも、チョーキング現象が起こっていたら塗り替えを検討した方がいいでしょう。



外壁塗装についてのお問い合わせは街の屋根やさん岐阜店にお気軽にお問い合わせください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岐阜店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-003-205