オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

短期間で施工可能です。カバー工法のメリット・デメリット


屋根カバー工法
カバー工法とは、今ある屋根材を撤去することなく、
上から二重に新たな屋根材を乗せる方法のことを言います。
また、重ね葺きとも言います。

カバー工法のメリット

・廃材が出ない為、処分する費用や撤去費用が必要ないです。
・施工期間が短く、費用を抑えることができます。
・屋根材が二重になる為、断熱性、遮音性が高まります。
・生活に支障がなく、普段通り生活することができます。

カバー工法のデメリット
・屋根が二重になる為、重くなります。
・下地が傷んでいる屋根には施工することができません。
(今ある屋根材を撤去し、新しい屋根材を乗せ換える、葺き替え工事が必要です。)

こんな場合には葺き替え工事が必要!
・既に一度カバー工法で施工された屋根にさらにもう一度カバー工法をすることはできません。
・瓦屋根にはカバー工法をすることができません。

カバー工法は、ストレート屋根、トタン屋根などあらゆる屋根材に対応することができます。
しかし、屋根の状態によってはカバー方法は向かない場合もありますので注意して下さい。


カバー工法のメリット、デメリットはいろいろありますが
・工事費用を安く抑えたい。
・屋根の傷みが激しくない。
・下地が傷んでいない。
このような場合にカバー工法は適しています。


カバー工法に関するお問い合わせは街の屋根やさん岐阜店にお気軽にお問い合わせください。



信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岐阜店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-003-205