オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

台風被害は火災保険を使って直すことができるって本当なの?


火災保険
火災保険は住宅の損害による住まいの保険


家を建てられた時に加入する方も多く、加入しているにもかかわらず忘れてしまっていたり、火事の時しか適用されないのでは?と思い込んでいる方が多いのが現状なのではないでしょうか?


台風は自然災害で、強風や水害、落雷など台風によって受けた損害は火災保険で補償されます。


今一度、火災保険の契約内容を確認しておくことが大切です!


日本は台風が多い国なので、毎年台風シーズンになると台風被害にあったというニュースをよく見ますね。


台風が接近し上陸すると、暴風雨に襲われ屋根瓦が飛ばされてしまったり、強風で飛ばされた物が窓ガラスに当たり割れてしまったなど、被害が多く発生します。

屋根に取り付けてある雨樋が強風で外れてしまった時にも風災補償が適用され、火災保険の対象になるのです。


瓦の破損、漆喰、雨樋の破損、カーポートの破損、軒天の剝がれ

万が一、台風による暴風雨で住宅の被害にあってしまったときは被害状況を確認して正確に調べて、写真を撮り、保険申請をしなくてはいけません。
ご自宅の損害に火災保険が適用されるかを、先ずは専門業者に相談しましょう。


火災保険については街の屋根やさん岐阜店にお気軽にお問い合わせください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岐阜店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-003-205