オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

台風が去った後にチェックしておくべき屋根のポイントとは?


屋根漆喰
今回は、台風が去った後にしっかりとチェックしておきたい住宅のポイントについてご紹介します。

日本は、古くから台風による被害が非常に多い国として有名で、毎年必ず台風が襲来することもあり、
諸外国と比較すると、台風への対処には慣れていると言っても良いかもしれません。
しかし、近年では台風に慣れていると言える日本人ですら、
予想もし得ないほどの被害を出す超大型台風が増加しています。

台風などの自然災害による被害は、
「瓦が飛ばされた…」「外壁に穴が開いた…」など目に見える被害だけではありませんので
台風が過ぎ去った後、一見問題がなさそうな家でもきちんとチェックしておく必要があります。


それではまず、台風後にチェックしておきたい屋根の注意ポイントからご紹介します。
台風後の屋根のチェックポイントは以下のような点を注意しましょう。

・トタン屋根の場合、一部が飛ばされたり、浮き上がっている部分はないか?
・瓦屋根の場合、瓦がズレている部分はないか?
・瓦やスレートの場合、屋根材に亀裂や割れはないか?
・棟瓦が歪んでいないか?漆喰が崩れていないか?
・棟板金が飛ばされていないは?また、浮き上がっている部分はないか?
・金属屋根の場合、何かがぶつかった跡のような傷はないか?
・陸屋根の場合、飛ばされてきたゴミなどで排水溝が塞がれていないか? など

屋根は、建物の中でも最も高所にあたりますので、強風による被害を最も受けやすいと言えます。

これくらい大丈夫かと放置せずに専門業者にみてもらうことをおすすめします。


屋根に関するお問い合わせは街の屋根やさんにお気軽にお問い合わせください。


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岐阜店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-003-205