オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

漆喰の重要性について。雨漏り・瓦ずれ。


漆喰

漆喰の歴史は古く、約5000年前から世界中で使われています。
瓦や石材の接着、目地の充填、壁の上塗りなど漆喰は様々な場面に用いられてきました。
日本が世界に誇る世界遺産「姫路城」、その白鷺と形容される美しい白壁にも漆喰が用いられています。

瓦屋根では瓦の固定や接着に漆喰が用いられています。
この漆喰も風雨や寒暑、直射日光に晒され続けているので、他の屋根材と同じように時間とともに劣化していきます。
目視して、ひびや剥がれが出ている場合は危険です。
固定している力が弱まっているので、ちょっとした風や地震で瓦がズレたりします。
最悪の場合は落下してしまう可能性もあります。

また、ズレた瓦同士が干渉し合って欠けたり・割れたり、
そこから雨水が浸入して雨漏りになったりと様々なトラブルを招きます。

漆喰が劣化してしまうと、瓦の固定力が弱まります
固定力が弱まりますと、瓦が動きやすくなり、ずれてしまいます。
それだけならまだしも、動きやすくなった瓦同士は干渉しあうので、割れや欠けが発生しやすくなります。
瓦の弱点は割れやすいということです。漆喰の老朽化が瓦の弱点を突くことにもなるのです。 
漆喰の剥がれた部分、瓦のずれた部分、割れや欠けた箇所からは雨水が浸入してきます。
当然、雨漏りの原因になります
また、割れや欠けは隙間を作ることになりますので、さらに瓦が動きやすくなります。
強風や地震時に落下しやすくなりますので、大変危険です。

漆喰の重要性についてご理解いただけたでしょうか?

漆喰工事は信頼と実績のある街の屋根やさん岐阜店に
お気軽にお問い合わせください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岐阜店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-003-205