オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

漆喰は瓦屋根を風雨から守る大事な存在です。漆喰の重要性


屋根漆喰
漆喰(しっくい)とは?

消石灰や砂などを合わせて水で練ったもので、
主に室内の壁や天井に使われていることで知られています。
実は漆喰は室内だけではなく、屋根にも利用されています。

漆喰はとても頑丈で、お城の壁にも使用されていることは有名です。
ただ、何らかの原因で漆喰も割れたり劣化してしまうことがあります。
例えば、瓦自体がずれてしまい漆喰も一緒に剥がれてしまったなどいろんな原因があります。
瓦屋根を支えている漆喰がこのように劣化してしまうと…
雨水が染み込んで屋根からの雨漏りが発生する危険性があります。
その他にも割れた漆喰が雨樋を詰まらせる原因を作るなどの危険性もあります。

普段から漆喰のチェックをすることはあまりないかもしれませんが、
最悪の事態を避けるためにも定期的に漆喰のチェックをおすすめします。

お家の屋根を見上げたときに漆喰がきれいだと見た目も大きく変わり、
グッと建物全体が引き締まります。
漆喰に限らず屋根の破損を放っておけば、雨漏りの原因などになりますので
屋根の破損を発見した場合には早めに補修をした方が良いでしょう。


漆喰についてのお問い合わせは、街の屋根やさん岐阜にお気軽にお問い合わせください。


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岐阜店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-003-205