オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

日本の住宅には湿気がつきものだけど住宅と湿度の関係とは?


湿気
快適な湿度ってどれくらいなの?

室内の快適な湿度は、約40~60%と言われています。
特に夏は60%前後、冬は50%前後が理想とされています。

湿度は温度と深く関係しています。湿度によって人間の体感温度が変わってきます。
例えば、夏は湿度が高いと湿気が持つ熱によって蒸し暑く不快に感じ、冬は湿度が低いと身体から水蒸気が蒸発し、体温が奪われる為、寒さがつらく感じます。

高湿度は住宅にも悪影響を与えます。
湿度が高いと結露やカビが発生しやすくなり、それが原因で住宅の柱や床、天井などの構造体を劣化させてしまうのです。
建物自体が劣化すると、住宅としての性能や耐久性が落ちる為、年数の経過とともに快適な家・安全な家とは言い切れなくなってしまいますね。


湿気に強い家とは?

・気密・断熱の性能が高い家
冬の寒い日に窓ガラスが曇ったり、浴室の天井や壁に水滴がついたりするのを見たことはありませんか?
結露発生の原因となる温度差を抑えることがポイントになります。
家の中を一定の湿度や温度で保つことができるため、結露発生を防止することに大きな効果があります。

・しっかりとした換気機能がある家
天井裏の空気を床下に送り込む空気循環システムなど、高性能な換気・空気循環お設備は多くの住宅で取り入れられています。
適切な湿度の空気が家の中を巡回するような仕組みがあれば、建物にとっても住む人にとっても快適ですね。



この時期は乾燥にも気をつけないと体調も崩しやすいので湿度管理をしっかりしましょう。

屋根についてのお問い合わせは街の屋根やさん岐阜店にお気軽にお問い合わせください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岐阜店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-003-205