オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

日本で最も多く使用されているスレート屋根


スレート

スレート屋根のメリット、デメリット


メリット

1.  シンプルなデザイン

薄い板状のシンプルなデザインです。
ほとんどの住宅に無難にフィットします。

2.  軽量の屋根材

暑さ5~6㎜の薄い屋根材であるため、重量的には粘土瓦の半分程度の軽さとなっています。
建築基準法の軽い建物の葺き替えにも使用することができます。


3.  施工できる業者が多い

単一商品としてみると屋根材の中でも、もっとも高い普及量を誇ります。
そのため対応可能な業者も多く、工事や修理のときに安心です。


デメリット

1.  割れやすい

他の屋根材と比べて、踏み割れなどで割れてしまうことが多いです。
切れ込みを深くしたような少し凝ったデザインの商品もあり、より割れやすい印象があります。

2.  経年劣化による雨漏りが起きやすい

スレート屋根の新築時はほとんど雨漏りがありませんが、経年によって雨漏りが生じることがあります。


3.  塗装製品で紫外線に弱い

基本的に10~15年程度で再塗装が必要な商品です。
雨に含まれるわずかな酸にも弱く、塗膜が経年劣化します。
いきなり雨漏りになるわけではないのですが、見た目が相当悪くなります。

ストレート屋根は経年劣化してしまうため、メンテナンスが必要です。
ストレート屋根が汚れ・色あせ・コケ・欠け・割れ・浮き・反りが発生したときはメンテナンスの時期です。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岐阜店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-003-205