オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

勾配?軒先?って何!?屋根の専門用語を知りましょう。②


屋根漆喰調査
住宅建築物の構造の中で、屋根に関する用語はとても多いです。
屋根に関する用語の数は100種類以上あるのです。
前回に引き続き、第二弾!それでは、紹介していきましょう!


・棟(むね)
屋根のてっぺんのことです。
陶器瓦屋根では瓦が用いられますが、
金属屋根やコロニアルでは棟板金(むねばんきん)と呼ばれる金属製の板金が用いられます。

・庇(ひさし)
小庇や霧よけとも呼ばれます。
出窓などの開口部や勝手口などからの雨水を防ぐために壁にとりつける小さな屋根のことです。
玄関先の庇は玄関ポーチと呼ぶことが多いです。

・ガルバリウム鋼版
主に屋根や外壁で用いられる金属素材のことです。
ひと昔前はトタンが金属素材の主流でしたが、現在ではガルバリウム鋼版が主流です。

・カバー工法
重ね葺きや被せ工法などとも呼ばれています。
コロニアルの代表的なリフォーム方法です。
既存の屋根材上に新しい屋根材を被せて張る工事方法です。
既存の屋根材の撤去処分の費用がかからないので低コストで工事ができます。

・瓦棒(かわらぼう)
屋根の流れに沿って、縦方向に葺かれる金属屋根のことです。
立葺き屋根(たてぶきやね)とも呼ばれます。
緩勾配でも葺くことができる屋根でバルコニーを乗せる屋根としてもよく使用されています。



屋根についてのお問い合わせは街の屋根やさん岐阜にお気軽にお問い合わせください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岐阜店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-003-205