オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

基礎知識!住宅の快適性!遮熱と断熱の違いって何だろう?


building_house1-2
『遮熱』『断熱』の違いって何だろう?


日本の夏の気温が年々上昇している近年では、遮熱塗料や断熱塗料を利用した塗装工事で
住宅の快適性を上げられるという情報をよく見かけるようになりましたね。

それでは、『遮熱』と『断熱』の違いについてみていきましょう。


断熱とは?

断熱は「熱の伝わりを抑える」ことです。
住宅の壁などに断熱材が敷き詰められているのは、熱を伝わりにくくして室内の快適性を上げる為です。
例えば、夏の暑い日などは外気温の影響が屋内に伝わるのを防ぎ温度上昇を防ぎます。
逆に寒い日は冷気から屋内を守る効果があるのです。
また、断熱は屋内の暖かい空気や冷気が外に逃げていくのも防いでくれる為、
冷暖房を効率よく使用できるようになります。
ですから、断熱性の高い住宅は省エネで環境保全にも役立つと言われています。


遮熱とは?

一方遮熱については、光を反射することで屋根の表面温度などが上昇するのを防ぐものです。
あまりイメージがないかもしれませんが、夏の強い日差しは屋根の表面温度を著しく上昇させてしまうことになり
屋根の熱が室内に伝わることで室内温度を上げてしまうのです。
遮熱というものは、光を反射させることで温度上昇を防ぐのでその結果、
室内の温度上昇も防ぐことができるというからくりですね。


『断熱』と『遮熱』は同じような効果を持つと考えられますが、
詳細を見てみると違うことが分かりますね。



屋根に関するお問い合わせは街の屋根やさん岐阜店にお気軽にお問い合わせください。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岐阜店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-003-205