オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

いろんな種類がある屋根瓦の特徴について紹介します


住宅
屋根瓦にはいろいろな種類がありますが、今回は和瓦を除いた屋根瓦について紹介していきます。

セメント瓦
石灰岩が主原料で水と反応させて砂や砂利を入れて瓦形に成型したものです。
セメント自体に重量がある為、耐震性は劣ります。
表面は塗装されているので、再塗装が必要となったり、10~15年ごとにメンテナンスが必要な瓦です。


金属瓦
・ガルバリウム鋼板
55%ものアルミメッキで覆われている鋼版です。
金属なので軽量で地震にも強くなります。
サビに強く、耐久性・耐熱性に優れています。


スレート瓦
セメントと繊維で加工された工業製品で薄い板状の屋根材です。
近年、最も多くの住宅に使われている屋根材です。
薄い瓦ですので軽量で耐震性も高いです。
色合いも豊富で安価な為、人気があります。
しかし、薄いので割れてしまう可能性があります。
また塗装仕上げの為、10~15年で再塗装が必要です。


シングル瓦
海外では一般的な屋根材、アスファルトシングル。
アスファルトシングルとはガラス基材にアスファルトを浸透させ、表面に石粒を吹き付け接着してある屋根材です。
非常に薄く、複雑な屋根形状にも施工することが可能です。
ひび割れたり、サビついたりしない屋根材です。
また、防水性・耐候性・耐久性に優れています。
非常に薄いシートの為、強風で剝がれや破れが起きる可能性があります。
5~10年ごとに定期的メンテナンスを行った方が良いです。


瓦は日本瓦だけをイメージしますが、屋根の上に敷く屋根材はすべて瓦と呼ぶのです。

瓦についてのお問い合わせは街の屋根やさん岐阜店にお気軽にお問い合わせ下さい。



信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岐阜店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-003-205