オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

外壁になぜカビができる?原因と対策について紹介します。


カビ
家の外壁が汚れている、こすってみてもなかなかシミが落ちない……という場合、

その汚れやシミの正体はカビかもしれません!

そこで、そもそもなぜ外壁にカビができるのか?

カビを落として再びカビができないようにするにはどうすればよいのかなど

外壁のカビについて気になるポイントを紹介します。

見た目が悪くなるだけではなく、外壁の寿命を縮めてしまうリスクもあるカビの落とし方と予防法を知っておきましょう。



【外壁にカビができる原因】

カビは菌類の一種です。

胞子を飛ばして繁殖し、その胞子は空気中を漂ってさまざまな場所に運ばれていきます。

つまりカビの胞子は空気中に常に存在しており、適度な温度と湿気、栄養のある場所を見つけると

どこでも着床して発芽し、成長していきます。

外壁もカビの胞子がとどまりやすい場所の一つなのです。

高温多湿な環境、雨などの水分、栄養源となる汚れ、酸素があればカビはどんどん繁殖していきます。



【外壁のカビを予防する方法】

カビを予防する方法についても知っておきましょう。

・外壁をフラットかつ金属製のものに変える

カビが発生しやすい環境にある家の外壁は、

表面に凹凸がない、ガルバリウム鋼板などの金属系サイディングに変えることを検討してみましょう。

金属製の外壁は表面がツルツルしているため、カビの発生をある程度抑えることができます。

・防カビ効果のある塗料を塗る

外壁に使用する塗料の中には防カビ効果のあるものが多く存在します。

塗り替えを考えているなら、洗浄剤を使った掃除やバイオ洗浄でカビを取り除いてから

このような塗料を使って外壁塗装をすると効果的です。

・小まめにメンテナンスをする

カビは放置している期間が長いほど繁殖し、除去するために手間がかかるようになってきます。

定期的に洗浄するなどメンテナンスを欠かさないことが、カビを予防する最善策です!

初期段階であれば業者に頼らなくても自分の手でカビを取り除けるので、年に数回程度は外壁の手入れを行いましょう。


外壁についてのお問い合わせは街の屋根やさん岐阜店にお気軽にお問い合わせください。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岐阜店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-003-205