オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

防水工事・通気緩衛工法 ・屋上・ベランダについて


通気緩衝工法
屋上の防水工事は、

ウレタン防水の密着工法(通気緩衝シートを使用しないで直にウレタンをつける工法)で施工する場合、
密着工法は充分乾燥させた下地へ施工するなら問題ないのですが、
屋上のような厚い保護コンクリートで覆われた場所などでは、中まで完全に乾燥させるのが難しく、
防水層で蓋をしてまうと残った水分の蒸気等が逃げ場を失いやがて防水層を持ち上げ下地から剥がしてしまいます。
これを防水層の膨れ減少と呼びます。

この膨れを抑える工法として、内部から上がってきた蒸気等を通気緩衝シートの中へ逃がし、
任意の場所(脱気筒など)まで送る工法を、通気緩衝工法といいます。
水分が脱気筒を通って外部に排出されるため、防水層の膨れを防止します。

簡単に言えば、まず通気性能を有する通気緩衝シートを下地で張り付け、
その上に塗膜防水材を塗布することで形成される防水工法のことです。
降雨などの上からの水分をシャウトアウトするとともに
膨れの原因となる下地に含まれ蒸気化した水分を外部に脱気させる工法です。
ここ20年ほどで普及してきた工法で、直接雨のかかる屋上やルーフバルコニーなど、
また大面積での施工に適した工法といえます。

【特長】

・防水層が下地と部分密着しているため、優れた安定性と耐久性を発揮します。
・通気緩衝層が下地の水分を逃すので、膨れを防止するととも下地の拳動を緩衝し、
 下地クラックのゼロスパンテンションから防水層の破断を防ぎます押え層を撤去しなくても施工できます。



防水工事、通気緩衝工法については、信頼と実績のある街の屋根やさん岐阜店に
お気軽にお問い合わせください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岐阜店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-003-205