オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

雨漏りサインのチェック方法!危険サインを知りましょう!


屋根の不具合を放置し雨漏りに… 野地板が傷み小屋裏まで 雨水が浸入
雨漏りをするということは家はなにかしらのサインを出しています。
雨漏りは早期発見、早期対処することで家を長く良い状態で保つことができます。

●壁や天井にカビが生える、部屋がカビ臭い

カビが生える原因としては、雨漏りが原因の場合と湿気が原因の場合があります。
壁のつなぎ目や、天井のつなぎ目、局部的に集中してカビが発生している場合は
天井の裏や壁の裏側で雨漏りをしている可能性が高いです。
雨の日にそのカビの生えた壁を少し触ってみて、濡れていないかをチェックしてみましょう。
雨水が垂れてこないからといって気づきにくいですが、
中で雨漏りをしていることが早期発見できれば、早めに対処することができますよ。


●サッシまわりが濡れている

部屋と外気の温度差により結露ができることがありますが、
それが実は結露ではなく雨漏りのサインである場合もあります。
晴れた日と雨の日のサッシの違いを確認してみて下さい。
もしも雨の日だけサッシまわりが濡れているようであれば、雨漏りの可能性があります。


●壁や床が濡れている

水滴が床に落ちていたり、壁が少し濡れていたりすることはありませんか?
もし不自然な場所で濡れているのを見つけた時は、その上の天井を見てみましょう。
カビが生えていたり、雨染みができていると雨漏りの可能性があります。
また雨の日に何度も同じ場所で同じ現象が起きるかもチェックしましょう。


●クロスに雨染みや剥がれなどがある

ここまでくると水がバケツが必要なぐらい雨水が落ちてきている可能性が高いですが、
クロスが雨でぬれて乾いたことにより、雨染みができています。
クロスが剥がれている場合は、劣化や湿気などの可能性も考えられますね。
クロスが濡れていないか、裏側にシミがないかを確認しましょう。
もし濡れていたり、シミがある場合は雨漏りの可能性が高いでしょう。



雨漏りについてのお問い合わせは街の屋根やさん岐阜店にお気軽にお問い合わせください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岐阜店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-003-205