大垣市 倉庫のルーフデッキ88の劣化調査・重ねルーフを提案


大垣にお住いのお客様より「倉庫の屋根が錆てきています。一度見てほしい」とのご相談をいただきました。屋根はルーフデッキ88でした。築年数がかなり経過していて、一度もメンテナンスがされていません。
ルーフデッキ88は鋼板を加工したもので、その鋼板はトタンと呼ばれ亜鉛メッキ鋼板が使われていました。金属ですので錆に弱いという面があります。メンテナンスは錆の防止です。錆びさせないことが重要でした。
ルーフデッキ調査
ボルト式の折半屋根です。屋根より先にボルトが劣化してしまいいます。屋根の錆の状態がひどくなっていました。穴があいて、雨漏りの箇所がありました。
ルーフデッキ調査
固定しているボルトが錆びてきていました。ボルトの錆が屋根に移って錆が広がっていました。軽い錆であれば塗装で行けますが。
ルーフデッキ調査
樋が色褪せて劣化していました。軒樋の中は錆が流れて錆色になっていました。樋の取り換えの提案をさせて頂きます。
ルーフデッキ調査
ケラバの板金がなくルーフが浮いていました。中に雨水が入り込んでしまう状態でした。ケラバに板金の曲げ加工材を固定します。外壁の波トタンが錆びて穴が開いていましたので角波ガルバリウム鋼板で葺き替えを提案させて頂きます。


今回の調査の結果 折半屋根のカバー工法の提案をさせて頂きます。折半屋根の上にルーフィングを敷きその上に新しい折半屋根を被せていきます。屋根の上に屋根を置くので重ね葺きと呼ばれている工法です。

屋根工事に関するお問い合わせは「街の屋根やさん岐阜店」にお気軽にご相談ください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

DSCN2953

岐阜市にお住いのお客様邸にて屋根塗装の依頼がきましたので屋根調査に行ってきました。築約30年。屋根形状 切妻です。早速屋根に登り点検していきたいと思います。

漆喰

大垣市にお住いのお客様邸にて屋根点検に行ってきました。築40年。屋根の形状 寄棟。お客様にお話しを伺うとこの前エアコンを変えた時に瓦がガタガタして台風で瓦が飛んでってしまうんじゃないかと思い急いで見積り依頼をしたとのことでした。早速屋根に登...........

屋根漆喰

岐阜市にお住まいのお客様邸にて屋根の調査依頼に行ってきました。

築約30年。
屋根の形 切妻です。 お客様にお話しを伺うと屋根から漆喰が落ちてきたから屋根をみて見ると漆喰が取れているのに気づき調査...........