オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

大垣市にて日本瓦のずれや浮きが発生しているので現場調査に行ってきました


9cf481344f4895e71f08a638997af30d-1
大垣市にて日本瓦屋根の無料点検に行ってきました。

築43年のお宅です。
お客様から「台風などが来る前に屋根を直したいから見積をお願いします」とご連絡をいただきました。


さっそく現場に行き、屋根の点検を行います。


まず最初に目についたのが漆喰の剥がれでした。

漆喰は、風雨や日光、寒暖にさらされているので時間とともに劣化して剥がれたり、崩れたりします。

役目は、瓦と瓦の接着と言う大切な箇所です。

漆喰がなくなると瓦がずれてしまったり、ずれた瓦同士が干渉しあい、割れたり、欠けたりします。
そこから雨水が浸入してしまい、雨漏りを引き起こしてしまうのです。
a979dee0f83739d138bd1d4b04622e81-1
鬼瓦の漆喰の劣化の状態です。

鬼瓦の漆喰は全部剥がれ落ちてしまっている状態でした。

鬼瓦と棟瓦の間に隙間が生じるため、そこから雨水を防ぐために鬼瓦の漆喰があります。
しかし、その鬼瓦の漆喰がなくなると雨水の浸入を許してしまうのです。
22363bd8f3082e31879691528689a61e
瓦の浮きの状態です。

瓦自体は耐久年数は長く、何十年と持ちます。
しかし、浮いた瓦の隙間から雨水が入り込んでしまうと中の下地材を痛めてしまいます。
db10839c9e4a58579587d33c0338ce18
瓦のケラバのずれの状態です。

ケラバ瓦は、番線で固定はしてあります。
しかし、その番線も錆びたり劣化したりすると瓦の固定ができなくなるので、見逃してはいけない大切な箇所です。

お客様には、漆喰詰め直しと瓦ずれの補修工事を提案したいと思います。


屋根・漆喰についてのお問い合わせは街の屋根やさん岐阜店にお気軽にお問い合わせください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨樋

雨が降ればここからぼたぼたと下に水が落ちてしまうはずです。中に土が溜まっているものも見えますね。折れたのは実は最近のことではなく、それほど不便もなかったので、しばらく放っておいてしまっていたとのお話です。しかしよく見ると雨樋の他の部分もかな...........

モニエル瓦

使用しているの屋根材はセメント瓦で陶器の和瓦とは異なり、年数と共に劣化が生じる為、お手入れの必要な屋根材となります。

コロニアル屋根

岐阜市にて築20年経過している屋根の塗装工事をご検討されているM様邸にお伺いました。ご検討のきっかけはTVアンテナを設置する際に業者さんに屋根がボロボロになっていると指摘されたという所からでした。その他にも屋根の頂点にある棟板金が少し浮いて...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岐阜店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-003-205