岐阜市にお住いのお客様邸にて雨漏りの現場調査に行ってきました。


瓦棒
岐阜市にお住いのお客様邸にて雨漏り調査に行ってきました。

築約40年。

雨漏り箇所は瓦棒の真下から雨漏りするらしいです。

数年前に塗装はしただけでそれ以外はメンテナンスをしていないそうです。

早速屋根に登り点検調査していきたいと思います。
瓦棒
実際に屋根に登って見るとお客様自身で補修はされているんですが雨漏りがするらしいので一度剥がしてみてみると瓦棒に穴が開いていました。

谷樋も少し変わった作りをしていて瓦棒と瓦棒の間が口開いている所が所々ありました。

塗装はしてあるのに肝心の穴などを補修が全くされていませんでした。

瓦棒
ここまで雨染みが出てしまいますと、トタンの下地材の木も心配です。 当然下地材も木ですので雨水が中に進入してふゅしょくしてしまいます。そうなると屋根の葺き替え工事が必要になってきます。 工事単価のコストも高くなってしまいます。 そうなる前に定期的に屋根のメンテナンスを行うことをお勧めいたします。
瓦棒
今回お客様には 錆が出て初期であれば塗装でも十分可能ですが、塗装と補修では間に合わないと判断して(カバー工法)を提案したいと思います。 屋根工事や雨漏りの事でご不明な点がありましたら街の屋根やさん岐阜店までお問い合わせ下さい。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

折半屋根

大垣市のとあるアパートで屋根の点検調査の依頼 ご相談をいただきお伺いさせていただきました。本日行ったアパートの屋根材は折半屋根と呼ばれる、金属製の材料を折り曲げて作れた屋根材です。この折半屋根材は、比較的勾配が緩やかな所で使用できるのが特徴...........

屋根漆喰

大垣市にお住いのお客様より、瓦屋根のメンテナンスをしていないので一度見てほしいとご相談をいただきましたので点検にお伺いしました。本日点検を行います屋根材は粘土瓦です。実際に屋根に上がり屋根の状態を見ていきたいと思います。

雨樋

岐阜市にお住いのお客様邸にて雨樋が破損しているから一度見に来てほしいとご連絡がありました。

築約30年。
屋根の形状切妻になります。

お客様のお話を伺うと雨樋が破損し...........