オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

岐阜市にて築35年経過している和瓦屋根の漆喰現場調査に行ってきました


fa31be9419f994ddb526480dac3e7db5
本日、岐阜市にお住いのお客様から「外壁のメンテナンスはしましたが、まだ屋根のメンテナンスを 一度もしたことがないので一度調査をしてほしい」とご相談をいただきました。


周りのお家も屋根のメンテナンスをしているので屋根の状態も気になっていたそうです。

さっそく屋根の状態を確認していきたいと思います。
087e3658ff791a81cafd2374bfcb6b64
お客様にお伺いすると、以前屋根の上から白い石のかたまりが落ちてきたそうで、屋根の状態が気になられたそうです。

漆喰や下地、瓦の割れなどないかしっかり確認していきます。

棟瓦の下の三日月と呼ばれる個所の漆喰が詰められていますが、経年とともに雨や風などにあたり徐々に劣化していきます。
a66e0d1c4171839c0de857280be13e98
この棟の土台には土が使われています。

漆喰が剥がれ落ちてその中の土まで流れ落ちてしまうと、 雨漏りだけではなく棟が歪み場合によっては崩れることもあります。

早い段階でのメンテナンスを行っておけば漆喰の詰め直し工事でいいのですが、 棟が崩れたりしてしまいますと棟の取り直し工事が必要です。
1bc5ffdccd6fe1ac7932d4ab250eca6f
そうなると工事期間も工事費用も大幅に上がってしまいます。

そうならないように定期的にメンテナンス点検は欠かせません。

本日調査を行いましたお宅も 漆喰が剥がれ落ちているのを確認しました。

さらに他にも棟を止めている銅線も切れている箇所も確認できました。

今回お客様に現状を報告し、漆喰の詰め直し工事と切れた銅線の補修をご提案させていただきました。


屋根・雨漏りについてのお問い合わせは街の屋根やさん岐阜店にお気軽にお問い合わせください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨樋

雨が降ればここからぼたぼたと下に水が落ちてしまうはずです。中に土が溜まっているものも見えますね。折れたのは実は最近のことではなく、それほど不便もなかったので、しばらく放っておいてしまっていたとのお話です。しかしよく見ると雨樋の他の部分もかな...........

モニエル瓦

使用しているの屋根材はセメント瓦で陶器の和瓦とは異なり、年数と共に劣化が生じる為、お手入れの必要な屋根材となります。

コロニアル屋根

岐阜市にて築20年経過している屋根の塗装工事をご検討されているM様邸にお伺いました。ご検討のきっかけはTVアンテナを設置する際に業者さんに屋根がボロボロになっていると指摘されたという所からでした。その他にも屋根の頂点にある棟板金が少し浮いて...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岐阜店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-003-205