オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

岐阜市にて築35年瓦屋根を調査すると漆喰が劣化して役目を果たしていませんでした


583ba24d59d8e05f209b0bcdaee4aea7-1
大垣市にお住いのお客様から「屋根から白い物がポロポロ落ちてくる」と不安なご相談をいただきました。

本日調査を行いましたお宅は木造2階建ての住宅で築35年経過した建物です。
屋根材は瓦を使用されていました。

これまでに一度も屋根のメンテナンスは行っていないそうです。
さっそくお伺いして確認していきたいと思います。
2ce34b2e7d977e375724cda44cda13bc-1
お伺いしてまず初めにお客様から屋根から落ちてきたものを見せていただきました。

確認すると、それは瓦と瓦の隙間に詰めてあるものだとわかりました。

漆喰やセメントなどが多く詰められています。
漆喰は主に棟部分の瓦同士をつなげる際に使用されています。
瓦の隙間を埋めることで雨風が入ってくるのを防ぐほか、瓦がズレるのを防いでくれているのです。
cb46c604a5fbc6024ad6486a1ad443aa-1
このように、瓦屋根で漆喰は重要な役割を果たしているのです。

また、寿命も20年と長めなので頻繁に修理をする必要はないのも嬉しい所です。
しかし、メンテナンスや点検は行う必要がありますので気を付けてくださいね。
435c07e55e22e9f05ced746c6cfeadb8-1
2階の屋根に上がり見てみると、漆喰が劣化して瓦を固定できなくなっている状態でした。
漆喰にヒビが入っている箇所も見られます。
他にも漆喰の奥にある土が雨水により流れ出ていることが分かりました。

この漆喰がなくなってしまうと雨漏りに繋がる危険性が高くなってしまいますので早めにメンテナンスを行うことをおすすめします。


屋根・雨漏りなどについてのお問い合わせは街の屋根やさん岐阜店にお気軽にお問い合わせください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨樋

雨が降ればここからぼたぼたと下に水が落ちてしまうはずです。中に土が溜まっているものも見えますね。折れたのは実は最近のことではなく、それほど不便もなかったので、しばらく放っておいてしまっていたとのお話です。しかしよく見ると雨樋の他の部分もかな...........

モニエル瓦

使用しているの屋根材はセメント瓦で陶器の和瓦とは異なり、年数と共に劣化が生じる為、お手入れの必要な屋根材となります。

コロニアル屋根

岐阜市にて築20年経過している屋根の塗装工事をご検討されているM様邸にお伺いました。ご検討のきっかけはTVアンテナを設置する際に業者さんに屋根がボロボロになっていると指摘されたという所からでした。その他にも屋根の頂点にある棟板金が少し浮いて...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岐阜店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-003-205