オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

岐阜市にて寿命で漆喰が剥がれ落ちている瓦屋根を現場調査


漆喰
瓦は日本家屋には昔から多く使われている釉薬瓦です。ズレて落ちたりでもしないかぎり大変丈夫な瓦ですが、漆喰はそれよりもはやく寿命がきてしまいます。
漆喰
お客様が漆喰の剥がれを最初に発見されたのは、上の写真の、一階屋根と外壁との取り合い部分にあるものでした。二階の部屋の窓から見えるので気になったとのことです。
漆喰
点検を進めていくと、やはりそれ以外にも漆喰が崩れている箇所、剥がれて中の土が見えてしまっている箇所がいくつも見つかりました。今までにも気づかないうちに少しづつ剥がれ落ちていたのでしょう。棟(屋根の山になっている部分)には土台として土がありますが、それだけでは雨水が染み込んで建物内に侵入してしまいます。また棟に乗せている棟瓦を固定する役割もあるので、漆喰が無くなると、強風などで棟自体が崩れてしまうこともあるので注意が必要です。
漆喰
その他にも、棟瓦を留める釘が緩んでいました。今後不安をなくすには、古い漆喰を取り除き詰め直すか、場合によっては棟を一旦全て取り外し、漆喰を使わない乾式工法と言われる新しい工法で施工し直すかという方法もあります。漆喰は20年程で耐用年数迎えてしまいます。屋根やお庭に欠片が落ちていたら要注意です。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨樋

雨が降ればここからぼたぼたと下に水が落ちてしまうはずです。中に土が溜まっているものも見えますね。折れたのは実は最近のことではなく、それほど不便もなかったので、しばらく放っておいてしまっていたとのお話です。しかしよく見ると雨樋の他の部分もかな...........

モニエル瓦

使用しているの屋根材はセメント瓦で陶器の和瓦とは異なり、年数と共に劣化が生じる為、お手入れの必要な屋根材となります。

コロニアル屋根

岐阜市にて築20年経過している屋根の塗装工事をご検討されているM様邸にお伺いました。ご検討のきっかけはTVアンテナを設置する際に業者さんに屋根がボロボロになっていると指摘されたという所からでした。その他にも屋根の頂点にある棟板金が少し浮いて...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岐阜店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-003-205