オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

岐阜市で、屋根リフォームのご相談、2回目の塗装か屋根カバーか?


スレート屋根
10年ほど前に一度塗装によるメンテナンスをおこなったそうです。化粧スレートはセメントを主成分としていますから、そのままでは雨が染み込んでしまうにで、元々表面に塗装が施してあります。しかし塗膜も月日とともに劣化してくるものなので、再塗装することで寿命を延ばすことができるのです。
スレート屋根
屋根の色が目に見えて変わってきたので。また直せば大丈夫か。というご相談でした。確かに、メンテナンスをされてきたおかげか、屋根材そのものがそれほどダメージを受けている様子はなく、大きな割れなどもありません。しかし、築30年ともなればそろそろ化粧スレート自体の耐久年数を迎えます。屋根材の染みは、それだけ耐水性が無くなってきている証拠でもあります。水を吸うようになった建材というのはもろくなり、変形を起こすこともあります。塗装をし直しても一度もろくなったものを元に戻すことはできません。
スレート屋根
屋根材の山部分に設置されている棟板金は、緩んで歪んでいました。一番てっぺんの小さめの板金は今にも外れて飛んで行ってしまいそうです。屋根のリフォームをお考えならこちらも交換した方が良いでしょう。
スレート屋根
おすすめなのは、今の化粧スレートの上に防水紙を敷き直し、新しい屋根材を乗せる屋根カバー工事です。今の屋根に問題があっても一新できますし、廃材が少ないので比較的リーズナブルです。とはいえそれなりの費用が掛かる大規模なリフォームになります。お客様には、今後、この家にどれだけ住み続ける可能性があるかなど考慮したうえでご検討いただくことになりました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨樋

雨が降ればここからぼたぼたと下に水が落ちてしまうはずです。中に土が溜まっているものも見えますね。折れたのは実は最近のことではなく、それほど不便もなかったので、しばらく放っておいてしまっていたとのお話です。しかしよく見ると雨樋の他の部分もかな...........

モニエル瓦

使用しているの屋根材はセメント瓦で陶器の和瓦とは異なり、年数と共に劣化が生じる為、お手入れの必要な屋根材となります。

コロニアル屋根

岐阜市にて築20年経過している屋根の塗装工事をご検討されているM様邸にお伺いました。ご検討のきっかけはTVアンテナを設置する際に業者さんに屋根がボロボロになっていると指摘されたという所からでした。その他にも屋根の頂点にある棟板金が少し浮いて...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岐阜店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-003-205