オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

岐阜市で、ルーフィングの劣化が原因で雨漏り発生


ルーフィング
屋根は葺き屋根です。

こちらのお宅は築25年が経過しているそうですが瓦自体に大きな劣化は見られません。
瓦屋根の雨漏り原因といたしましては瓦そのものではなく瓦の下地となっているルーフィング(防水紙)や野地板の劣化、瓦が積まれている棟部分の歪みや崩れなどの方が多いのです。
ルーフィング
瓦の下にはルーフィングが施設されています。
防水紙とも呼ばれていますが、原料は主にアスファルトです。
瓦屋根だけでなくスレートや金属屋根の下地としても広く使用され、ルーフィングがある事で屋根材の隙間から入り込んだ雨水をシャットアウトしているのです。
ルーフィング
このようにルーフィングに穴や切れ目が出来てしまうとそこから雨水が侵入して
その下にある野地板を腐食させたり、建物内への浸水、室内への雨漏りへの発展してしまいます。
しかもルーフィングの劣化箇所は一か所ではありませんでした。
屋根のあちこちに破れたり割れたりしている箇所があり、いつ別のお部屋で雨漏りが発生してもおかしくはありません。
ルーフィングの張替えが必要です。
ルーフィング
今回、瓦を一度撤去して屋根下地を作り直し、再度瓦を積み直す「屋根葺き直し」工事を行うことになりました。
お客様のご希望でアスファルトルーフィングに合成ゴムを加えた「改質アスファルトルーフィング」を下地に使用します。
こちらは温度変化に強く、耐久性・収縮性も高い高品質なルーフィングです。
今後長期間、屋根を雨漏りから守ってくれるでしょう。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨樋

雨が降ればここからぼたぼたと下に水が落ちてしまうはずです。中に土が溜まっているものも見えますね。折れたのは実は最近のことではなく、それほど不便もなかったので、しばらく放っておいてしまっていたとのお話です。しかしよく見ると雨樋の他の部分もかな...........

モニエル瓦

使用しているの屋根材はセメント瓦で陶器の和瓦とは異なり、年数と共に劣化が生じる為、お手入れの必要な屋根材となります。

コロニアル屋根

岐阜市にて築20年経過している屋根の塗装工事をご検討されているM様邸にお伺いました。ご検討のきっかけはTVアンテナを設置する際に業者さんに屋根がボロボロになっていると指摘されたという所からでした。その他にも屋根の頂点にある棟板金が少し浮いて...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岐阜店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-003-205