オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

岐阜市で、雨漏り原因は瓦屋根の漆喰剥がれによる雨水侵入?


漆喰
屋根はグレーの釉薬瓦で状態も良く、一見して問題ないように見えます。
ところがよく見ると、使われている漆喰が剥がれ始めているようです。屋根の山になっている箇所は棟(むね)といい、ここは棟瓦が設置されています。その棟瓦と下の平瓦の隙間を埋めているのが漆喰です。漆喰は石炭を元に作られたもので粘土のように塗り固めることができます。棟というのは土を盛ったところに施工されていますが、白い漆喰が無くなったことでぽっかりと穴が空き、中の土が見えている箇所もあります。
漆喰
普段は隙間を守っている漆喰が剥がれてしまったことで雨が侵入し、建物内部まで影響を与えてしまっていることが考えられます。漆喰の寿命はそれほど長くなく、10年もすれば劣化が始まります。こちらのお宅でも以前に漆喰の詰め直しをしてもらったことがあるそうですが、それ以来つい忘れてしまっていたとのことでした。
漆喰
こうして棟が弱くなると、雨漏りだけでなく、棟そのものが倒壊する恐れなどもあるため非常に危険です。中の土もだいぶ流れてしまっているようなので、一度棟を解体し改めて施工しなおす形での修繕が確実でしょう。
漆喰
こちらも瓦屋根の場合に気を付けたい場所のひとつ、谷樋です。屋根の構造上、谷になる場所には雨水が集まるので、こうして板金を敷いていますが、錆がはじまっています。錆びた金属はいずれ穴が空いてしまうこともあるので、こちらもそろそろ交換された方が良いでしょう。また、こういった機会に屋根を全面リフォームされる方もいらっしゃいます。お客様には数パターンでの見積りをお出し致しました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨樋

雨が降ればここからぼたぼたと下に水が落ちてしまうはずです。中に土が溜まっているものも見えますね。折れたのは実は最近のことではなく、それほど不便もなかったので、しばらく放っておいてしまっていたとのお話です。しかしよく見ると雨樋の他の部分もかな...........

モニエル瓦

使用しているの屋根材はセメント瓦で陶器の和瓦とは異なり、年数と共に劣化が生じる為、お手入れの必要な屋根材となります。

コロニアル屋根

岐阜市にて築20年経過している屋根の塗装工事をご検討されているM様邸にお伺いました。ご検討のきっかけはTVアンテナを設置する際に業者さんに屋根がボロボロになっていると指摘されたという所からでした。その他にも屋根の頂点にある棟板金が少し浮いて...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岐阜店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-003-205