オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

岐阜市にて、漆喰が剥がれた瓦屋根の現地調査にお伺いいたしました


漆喰
屋根の外観写真ですが、瓦を重ねた際にできてしまう隙間を埋めるような格好で漆喰が詰められています。そもそも漆喰の裏側には土が詰められており、瓦を固定するための役割を担っています。ただし土は水に弱く、雨が当たれば水を吸い込み、泥になってしまえば崩れてしまいます。崩れてしまうと固定されている瓦まで崩れてしまい危険ですね。そうしたリスクを回避するため土の表面をカバーすることで屋根を守っているのが漆喰なのです。
漆喰
白い部分もあれば、漆喰が剥がれて茶色く中の土が見えている箇所もあります。一回の雨でどうということはありませんが、慢性的に雨や水にさらされれば上記の危険性がありますから漆喰を詰め直す必要があります。
漆喰
アップでご覧いただくとより「剥がれ」ということがどういう状況かお分かりいただけるのではないでしょうか。
石のように割れてしまっています。漆喰に関してお問い合わせをいただく際、よくお客様から「白い石のようなものが屋根から落ちてきた」と説明を受けることがありますが、これがまさに漆喰なのです。
また水分が滞留してしまっていることで苔が生えている箇所も見受けられます。
漆喰
漆喰の剥がれから固定力を失った瓦がさらに被害を進行させていくと、漆喰の詰められている固定されている棟が蛇行したり、崩れたりといった不具合を見せてきます。今回のお住まいでも若干の蛇行が見受けられますが大きな被害がない現状では、漆喰の詰め直しにて様子を見させていただくことになりました。進行がひどいような場合はさらに大がかりな棟取り直し工事をご提案させていただくことになります。やはり早めの対処が被害もコストも最小にするということなのです。瓦屋根にお住まいの方は是非下からでも結構ですので屋根を見上げてみてください。漆喰の色が変色してるな、剥がれてしまっているな、そのような状態である場合は屋根に被害をもたらす前兆でもありますので専門店にお願いしてみて頂くことをお勧めします。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨樋

雨が降ればここからぼたぼたと下に水が落ちてしまうはずです。中に土が溜まっているものも見えますね。折れたのは実は最近のことではなく、それほど不便もなかったので、しばらく放っておいてしまっていたとのお話です。しかしよく見ると雨樋の他の部分もかな...........

モニエル瓦

使用しているの屋根材はセメント瓦で陶器の和瓦とは異なり、年数と共に劣化が生じる為、お手入れの必要な屋根材となります。

コロニアル屋根

岐阜市にて築20年経過している屋根の塗装工事をご検討されているM様邸にお伺いました。ご検討のきっかけはTVアンテナを設置する際に業者さんに屋根がボロボロになっていると指摘されたという所からでした。その他にも屋根の頂点にある棟板金が少し浮いて...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岐阜店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-003-205