岐阜市 外壁塗装の見積もり、その他メンテナンス


メンテナンス
岐阜市にお住まいのお客様から「外壁塗装及びその他メンテナンスを点検してほしい」とご依頼がありましたので現場調査に行ってきました。

築約20年
外壁材はサイデイングボードです。
日が当たらない所はコケが生えたりしてました。
表面を手で触ってみると白い粉が付きます。これをチョーキング現象と言います。

チョーキングは塗膜の劣化の目安となる大事な合図です。
これは外壁の汚れではなく、塗膜の代表的な劣化の現象の一つであります。
チョーキングという現象が起きている証拠なのです。



メンテナンスを
目地が切れて雨水が侵入していました。サイディングの小口や裏面は塗装がしてありませんのでコーキングが切れると水分を含んでしまうので乾燥するときにサイディングが反ってきます。 そうなるとサイデイングの張替えなど金額が加算するだけです。メンテナンスを心掛けましょう。
メンテナンスを
次に雨樋です。
お客様に交換した方がいいかな?と質問させました。

状態面で見ると、まだしっかりしていたので雨樋の方は塗装にしたいと思います。
メンテナンス
屋根がスレート瓦でした。
状態的に壁がチョーキング出てる時点で屋根も同じです。

今回お客様の方には外壁塗装と屋根塗装をご提案したいと思います。

外壁診断、外壁塗装、屋根塗装のことなら「街の屋根やさん岐阜店」までお問い合わせください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

折半屋根

大垣市のアパートで屋根の調査にお伺いさせていただきました。
アパートの屋根は一般住宅の屋根と違い、あまり屋根の点検を行うことが少ないせいか、
お伺いすると傷んでるケースが多いです。
本日調査にお伺い...........

スレート屋根

大垣市にお住いのお客様より屋根のメンテナンスをそろそろした方がいいのかお考え中とのことでした。今回築20年経過するスレート屋根の調査を行いましたのでご報告させていただきます。このスレート屋根は、定期的に塗装でのメンテナンスが必要な屋根材です...........

屋根漆喰

大垣市にお住いのお客様より屋根から白い物がポロポロ落ちてくると不安なご相談をいただきました。本日調査を行いましたお宅は木造2階建ての住宅で築35年経過した建物です。屋根材は瓦を使用されておりました。これまでに一度も屋根のメンテナンスは行って...........