大垣市 外壁の傷み大 浮き反り、表面剥離、目地切れ、穴・(角スパン張り)


大垣市にお住いのお客様より「外壁の傷みがひどいので見てほしい」とのご相談を頂きました。早速調査に伺いました。外壁は窯業系サイディングボードでした。かなりボード表面が劣化していました。
外壁調査
外壁の表面が色褪せて、手で触れるとチョークのような粉が付着していました。経年によって塗膜が風化して、塗料に含まれていた顔料が干からびてむき出しになっていました。高圧洗浄してボードの表面をきれいにして塗装する必要がありました。ボード自体は防水性がなく、表面の塗膜で雨水から守つています。塗膜が剥がれると水分を吸収して苔やカビ、腐食の発生につながります。
外壁調査
ボードが弓なりになって反ってしまい、前にせり出している状態です。力で押し込みビスで反りを強制的に修復することもできますが、ビスの周りに強制的な力が加わってボードが割れてしまう可能性があるため無理に直すことはできません。
外壁調査
ボードとボードの継目の目地のコーキングの傷みがありました。ゴム状のものが継ぎ目をふさいで雨の侵入をふせいでいます。紫外線によって肉やせしてました。小さな切れ目でも雨水の侵入があります。コーキングの打ち替えが必要です。
外壁調査
ボードの表面がボロボロの状態でした。ぱっと見ても激しい傷み具合が感じられます。ボードの裏に雨水が回ったり結露が発生したりすることでおこります。ベストな対応は張替です。
外壁調査
ボードが割れて穴が開いていました。気づかずにいたためにここから雨水が入り込んでいました。
外壁の傷みが大きいため塗装では難しいので、既存の上に角スパン張りで施工する提案をさせて頂きます。

外壁工事に関するお問い合わせは「街の屋根やさん岐阜店」にお気軽にご相談ください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦破損

岐阜市にお住まいのお客様邸邸にて屋根調査に行ってきました。

お客様から「風が強い時になにか飛んできて瓦が割れて雨漏りしているかもしれないから一度見に来てほしい」とのことでした。

今...........

軒天調査

大垣にお住いのお客様より「軒天のベニヤが剥がれてきています。張替えお願いします」とのご相談を頂きました。早速調査訪問しました。軒天は昔よく使われていたベニヤでした。軒天は雨水が直接当たるところではありませんが、湿気のこもりやすい所です。経年...........

カラートタン瓦棒屋根調査

大垣市にお住いのお客様より「屋根が錆びてボロボロになっいています」とのご相談を頂きました。早速調査訪問しました。屋根はカラートタン瓦棒葺きでした。倉庫として 使用されていました。築年数がかなり経過していて一度もメンテナンスがされていませんで...........