【岐阜市】雨樋が機能していない?現場調査


雨樋
岐阜市にお住まいのお客様にて雨樋の現場調査にいってきました。

お客様にお話しを伺うと「雨樋が機能していない」とのことでしたので早速調査に入ります。


2連はしごをかけて雨樋をみて見ると、樋が下に傾き雨水を受けきれてなくオーバーフローしてました。

雨樋
雨樋は、屋根に降った雨水を一箇所にまとめ、管や鎖を伝わらせて排水設備に流す役割を担っています。

これによって、屋根から落ちた雨水が、建物の外壁や土台を傷めることを防いでいるのです。

雨樋がないと、屋根から直接地面に流れ落ちた雨水が溝や水たまりを作ったり、地面に跳ね返った水が住宅の外壁を濡らしたりすることもありえるでしょう。

雨樋は家を守る役割があるんです。
雨樋
調査結果

お客様の言う通り確かに雨樋が機能していません。
経年劣化により雨樋が傾きオーバーフローしている状態でした。

雨樋

このままでは雨樋が機能していないのでお客様の方には「雨樋全交換」を提案しました。
その他今まで一度も外構工事をしていないと言っていましたので外壁、屋根も一緒に点検した結果、同じぐらい傷んでいたので見積りを出して提案していきたいと思います。


外構工事、雨樋工事のことなら「街の屋根やさん岐阜店」までお問い合わせください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨樋歪み

大垣市にお住いのお客様より、家の雨樋から水が垂れてくるので見てほしいとご相談をいただきました。今回雨樋の調査をしにお伺いさせていただきました。本日雨樋調査するお宅は25年は経過しているそうで、屋根のリフォームは行いましたが、雨樋のメンテナン...........

屋根点検

大垣市にお住いのお客様より屋根のメンテナンスをまだ一度もされたことがないので一度見てほしいというご相談をいただきました。お客様にお聞きした所、築25年経過して屋根の雨漏りなどはしていないとのことです。早速屋根の調査をしていきます。

トタン屋根劣化

大垣市にお住いのお客様よりトタン屋根の調査を行いました。本日屋根の調査を行ったお宅は2階建ての木造で築35年経過しているそうです。屋根材は金属屋根のトタンが使用されています。