オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

目に見えない場所で雨漏りが進行している可能性があります


雨水の逃げ道がなくなり屋根裏への雨漏りを起こした例

住宅内に生じる雨漏りのサインとは?

普段の生活の中でも、注意深く確認しておけば、雨漏りを早期発見することが可能です。

以下のような症状がある場合には、どこかで雨漏りが発生しているかも・・・と考えましょう。

  •  天井板や天井のクロスにシミができている…
  •  天井のクロスが不自然に剥がれてきている…
  •  天井にカビが生えている…
  •  雨の日に限って、天井裏から水が落ちる音がする…
  •  雨の日に、室内側の窓周辺が濡れてしまう…
  •  室内の壁のクロスに雨染みができている…
  •  不自然に壁紙が剥がれてきている箇所がある…
  •  特定の部屋だけ、湿気が高い…カビが生えている…

住宅内に上記のような症状が出ている場合、雨漏りを疑った方が良いでしょう。

できるだけ早く専門業者に連絡し、点検・修理をしてもらうようにしましょう。


住宅の外装に生じる雨漏りのサインとは?

次は、住宅の屋根が外壁など、外装部分に生じる雨漏りのサインです。

屋根や外壁というものは、住宅内に住む人を風雨から守るためのものとなりますので、

これらに何らかの問題が生じてしまうと雨漏りにつながるのです。

したがって、普段の生活の中で、こういった部分に劣化症状が出ていないか、小まめに確認しておくのがオススメです。

  • 屋根に施工されている板金部分がサビている…
  •  屋根材の一部が割れている…
  •  棟板金に浮きがある…
  •  風が吹くと、屋根からがたがたと音がする(棟板金の固定が外れているためです)…
  •  瓦屋根の漆喰に亀裂や脱落が見られる…
  •  屋根材がズレている箇所がある…
  •  屋根表面の塗装が色あせている、カビやコケが生えている…
  •  外壁に比較的大きなひび割れがある…
  •  外壁に施工されているコーキングにひび割れや脱落している部分がある…
  •  外壁塗装がチョーキングをおこしている…
  • ☑ 外壁塗装が剥がれている箇所がある…

上記のような症状がある場合、既に雨漏りしている可能性があります。

雨漏りが発生していない場合でも、外装部分が劣化していることに間違いありませんので、

いつ雨漏りしてもおかしくありません。

雨漏りしてしまうと、関係ない場所にまで水が回り、さまざまな場所の劣化を速めてしまうことになります。

したがって、雨漏りが発生していない場合でも、修理するのがオススメです。

雨漏りは、発生してから修理するのもだと考えているかもしれませんが、

本来は「雨漏りする前に補修する」ことが非常に重要で、そうすることで建物の寿命を延ばすことができるのです。


雨漏りについてのお問い合わせは街の屋根やさん岐阜店にお気軽にお問い合わせください。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岐阜店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-003-205